home
患者さんへ
見学・研修・入局希望の方へ
ご紹介の先生へ
教室紹介 診療案内 研修・入局案内 研究
 
  受診方法
  肝胆膵外科
  上部消化管外科
  下部消化管外科
  呼吸器外科
  乳腺外科
  内分泌(甲状腺)外科
  膵臓・腎臓移植外科
 
 
 
 
1.診察担当医の紹介 (クリックするとさらに詳しい情報がございます)  
 
教授 中村 雅史
チーフ 准教授 大塚 隆生
サブチーフ 助教 宮坂 義浩
サブチーフ 助教 岡部 安博
スタッフ 助教 仲田 興平
スタッフ 助教 森 泰寿
 
 
2.扱う疾患  
 
A) 肝疾患:肝細胞癌,肝内胆管癌,転移性肝癌,肝内結石症など
B) 胆道疾患:胆嚢癌,胆管癌,十二指腸乳頭部癌,胆石症(胆嚢・胆管),先天性胆道拡張症,胆道ジスキネジアなど
C) 膵疾患:膵石症,膵癌,膵内分泌腫瘍など
 
 
3.診療グループの紹介  
 

 当グループでは、肝胆膵がんを中心とした悪性疾患や胆石症などの良性疾患の手術だけでなく、内視鏡を用いた診断と治療も行っています。手術術式は、身体への負担が少ない腹腔鏡手術から血管合併切除を伴うような高難度手術まで高い根治性と安全性の両立をこころがけています。当グループの最近の手術件数を下に示しています。膵癌手術、腹腔鏡下膵手術、腹腔鏡下先天性胆道拡張症手術(成人例)のこれまでの実施数は全国有数であり、福岡市とその近郊だけでなく、県内他地域や県外からの患者さんの治療も数多く行っています。 大学病院の重要な役割として、まだ保険診療として認められていない薬物療法や手術、放射線治療(重粒子線治療)も、臨床試験として内科や放射線科と協力して積極的に行っております。また近い将来、保険診療として実施することができる可能性があるロボット支援下の胆道・膵手術の準備も進めています。

腹腔鏡下膵手術、臨床研究の詳細は以下のサイトにアクセスしてご確認ください。

・腹腔鏡下膵手術
http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/endoscopic_surgery/doctor09.html
・臨床研究
http://www.surg1.med.kyushu-u.ac.jp//surg1/html/kenkyu/rinshou_kenkyu/index.html



 
4.膵疾患の診療  

 

a. 通常型膵癌(膵管癌; ductal adenocarcinoma)

 

 膵悪性腫瘍のなかで最も頻度が高く、予後不良な疾患です。膵管癌は難治性疾患の代表格で、手術も随伴性膵炎の合併や血管合併切除を要することもあり極めて高難度となりますが、適応を正確に見極めながら血管合併切除術が必要な拡大手術から低侵襲な腹腔鏡下手術(現時点では比較的ステージの低い尾側膵癌のみ)まで、安全かつ正確な技術を提供することができます。 当グループでは内科や放射線科とも連携した集学的治療(外科治療、化学療法、放射線治療、などを組み合わせた治療)を推進し、徐々に成績も向上してきています。最近では切除可能境界(ボーダーライン)膵癌をはじめとして、術前化学療法を積極的に導入し、過不足のない手術により術後補助化学療法導入もスムーズに行えるよう、バランスの取れた治療を心がけています。また必要に応じて放射線治療(強度変調放射線治療や重粒子線治療)も併用しています。  特殊型膵癌として膵腺房細胞癌や神経内分泌癌などがあります。膵腺房細胞癌の治療は膵管癌に準じますが、術前診断がつかないまま術後に確定診断がつくことも多い疾患です。

 

 

神経内分泌癌は診断時に遠隔転移を伴う切除不能状態のことが多く、化学療法が治療の主
体となります(下記の神経内分泌腫瘍とは異なる範疇の疾患で、治療法も大きく異なります)。

 

 

b. 膵管内乳頭粘液性腫瘍 (IPMN; intraductal papillary mucinous neoplasm)

 

 膵IPMNの多くは良性腫瘍であるため切除は行わず経過観察可能ですが、嚢胞が大きくなり、嚢胞内に結節(しこり)が出現してくると悪性腫瘍の可能性が高くなっていきますので、進行癌になる前の段階で切除術を行うことが推奨されています。また最近では膵IPMNを持つ患者さんの同一膵内の別の場所に通常型膵癌が年率1%で発症することが分かってきており(毎年100名のIPMN患者さんの1名に発症、5年経つと累計5名に発症)、IPMNは膵癌の高危険群として認識されてきています。 膵IPMNの診療では良性から悪性腫瘍に応じて、経過観察、縮小手術(低侵襲手術)、通常の癌の手術を選択しますが、経過観察例でも嚢胞の悪性化や通常型膵癌の発症を厳重に診ていかなければなりません。当グループでは正確な進行度診断に基づき、適切な治療方針、術式を提示するようにしています。

 

 

 

c. 膵神経内分泌腫瘍 (NET; neuroendocrine tumor)

 

 通常型膵癌と比較すると進行が遅く、低侵襲手術の適応となることが多い疾患ですが、進行するとリンパ節や肝転移などの遠隔転移を来たし難治性となります。究極の臓器温存手術である腫瘍核出術から血管合併切除を伴う膵切除術(時に肝転移巣も同時に切除)、開腹手術から腹腔鏡下手術まで幅広い術式の中から、最も適した術式を選択するようにしています。

 

 

 

d. 粘液性嚢胞腫瘍 (MCN; mucinous cystic neoplasm)

 

若年〜中年女性の尾側膵に発生する嚢胞性腫瘍の一つで、時に悪性化しますが、多くは良性であるため、整容面からも腹腔鏡下手術のよい適応となります。

 

 

e. 充実性偽乳頭腫瘍 (SPN; solid and pseudopapillary neoplasm)

 

多くは若年〜中年女性に発症します。時に悪性化しますが、最近では画像診断の進歩により多くが良性腫瘍の段階で診断されるため、腹腔鏡下膵切除術の適応となります。

 

 

 

f. その他の膵腫瘍性・嚢胞性疾患

 

ほかに漿液性嚢胞腫瘍 (SCN; serous cystic neoplasm)、リンパ上皮嚢胞 (LEC; lymphoepitherial cyst)、類表皮嚢胞 (epidermoid cyst)、膵内副脾など、一部は腫瘍ではない疾患も含め、多彩な病変が膵臓には発生します。多くは術前に確実に診断できれば切除の必要はないものですが、術前診断が難しい場合が多いのが現状です。切除適応となる膵腫瘍との鑑別がつかない場合や、病変が大きく症状を呈する場合には切除の適応となります。多くは腹腔鏡下手術を含む低侵襲手術、臓器温存手術の対象となります。

 

 

 

g. 慢性膵炎

 

薬物療法や内視鏡的治療などの内科的治療抵抗性である場合、あるいは膵癌合併の可能性がある場合には外科的治療の適応となります。手術術式としては、膵管ドレナージ術(Frey手術、Partington手術、など)、仮性嚢胞・消化管吻合術、膵切除術、あるいはこれらの組み合わせ(例えば膵切除術+膵管ドレナージ術、など)などが選択されます。

 

 

 

 
5.胆道疾患の診療  

a. 胆道癌(胆管癌、胆嚢癌)


胆道癌は肝内胆管から肝門部・膵内胆管を含む肝外胆管、十二指腸乳頭、胆嚢・胆嚢管の胆道に発生する癌を総称するもので、発生部位および進展範囲により胆嚢摘出術、肝外胆管切除などの縮小手術から、肝切除、膵切除、あるいは極めて高難度・高侵襲である肝・膵同時切除術などの術式が選択されます。当グループでは術前診断から関与し、逆行性胆管・膵管造影(ERCP)や胆管内超音波(IDUS)、胆管内内視鏡(POCS)、超音波内視鏡(EUS)を駆使して正確に進展度診断を行い、過不足のない手術を行うようにしています。特に合併症率も高い肝切除術を伴う手術を行う場合には、正確な術前肝機能評価と3D-CT画像による詳細な解剖把握と腫瘍進展度診断、術前減黄管理(多くが閉塞性黄疸を伴うため)と栄養管理を駆使して、安全に手術を行うことができるようにしています。また、局所高度進行胆嚢癌などの初診時切除不能例に対しても化学療法を先行して切除可能状態にして手術を行うことを目指した集学的治療を積極的に行っています。

 

 

b. 先天性胆道拡張症

 

膵胆管合流異常に伴う疾患で、胆道癌発症(胆嚢癌、胆管癌)の高危険疾患です。先天性疾患ですので小児期に発見されることも多いのですが、当グループで治療を行うのは無症状で経過し若年〜中年で診断される成人患者さんです。手術では発癌予防を目的とした胆嚢摘出と拡張胆管切除、そして胆汁と膵液が混ざらないようにする分流手術(胆道再建術;胆管・空腸吻合術)を行いますが、これは膵液と混ざった胆汁が胆嚢内あるいは拡張した胆管内に発癌を惹き起こすと考えられているからです。発癌していない場合には腹腔鏡下に胆嚢摘出と拡張胆管切除+分流手術を行います。既に発癌している場合には開腹手術で癌の進展度に応じた胆道癌の手術(上記)を行うことになります。

 

 

c. 胆嚢・胆管結石症

 

結石が存在する部位に応じた低侵襲な腹腔鏡下手術や内視鏡的治療を考慮します。例えば胆嚢結石症では腹腔鏡下胆嚢摘出術を、総胆管結石症ではERCP下乳頭括約筋切開術(あるいは拡張術)・切石術あるいは腹腔鏡下胆管切開・切石術を行いますが、胆嚢と胆管のいずれにも結石を認める場合には、両者を組み合わせた治療を行います。 肝内結石症では経皮経肝的胆道ドレナージ術(PTCD)の技術を応用し、PTCD穿刺ルートを利用して細い胆道鏡を用いて内視鏡的に切石します。

 

 

 
6.肝疾患疾患の診療  

 

原発性肝癌(肝細胞癌、肝内胆管癌)、転移性肝癌、肝良性疾患(肝血管腫など)に対し、局在部位や病変の数、肝機能を考慮して、系統的肝切除術と非系統的肝切除術、開腹手術と腹腔鏡下手術の組み合わせから最も適切と思われる術式を選択します。

 

 

 
 
 
 
 

教室紹介
教授挨拶
スタッフ紹介
教室の歴史と歩み
トピックス

診療案内
外来受診方法(新患)
肝胆膵外科
上部消化管外科
下部消化管外科
呼吸器外科
乳腺外科
内分泌(甲状腺)外科
膵臓・腎臓移植外科
研修・入局案内
中村教授のメッセージ
卒後臨床研修・後期研修(入局)のご案内
質問・見学申し込み

本院外科専門医研修プログラム専攻医募集について (臨床教育研修センターHP)

研究
当科で行っている臨床研究
文部科学省特別経費プロジェクト
業績・論文

その他の情報

講演会・セミナー情報


医局員向け情報
研修願
業績申請【学会・座長】
 【論文・総説・著書】
所属学会・資格申請