home
患者さんへ
ご紹介の先生へ
見学・研修・入局希望の方へ
教室紹介 診療案内 研修・入局案内 研究
 
  受診方法
  肝胆膵外科
  上部消化管外科
  下部消化管外科
  呼吸器外科
  乳腺外科
  内分泌(甲状腺)外科
  膵臓・腎臓移植外科
 
 
 
 
1.診察担当医の紹介 (クリックするとさらに詳しい情報がございます)
教授 中村 雅史
チーフ 准教授 大塚 隆生
サブチーフ 助教 宮坂 義浩
サブチーフ 助教 岡部 安博
スタッフ 助教 仲田 興平
スタッフ 助教 森 泰寿
2.扱う疾患
A) 肝疾患:肝細胞癌,肝内胆管癌,転移性肝癌,肝内結石症など
B) 胆道疾患:胆嚢癌,胆管癌,十二指腸乳頭部癌,胆石症(胆嚢・胆管),先天性胆道拡張症,胆道ジスキネジアなど
C) 膵疾患:膵石症,膵癌,膵内分泌腫瘍など
3.肝胆膵外科の概要

上記肝胆膵疾患に対する外科治療に積極的に取り組んでいます。

1)胆嚢癌,肝門部胆管癌などに対しては進展度診断も含め根治性を重視した肝切除を積極的に行っている. 中下部胆管癌に対しては根治性を保ち術後のQOLを考えた膵頭十二指腸切除術式を採用している.

2)進行膵癌に対しては厚生省班会議(班長:京都大学今村教授)に所属して全国統一のプロトコールに参加している.術中大量放射線照射などのも積極的に導入している.内視鏡,腹腔鏡治療を積極的に導入し,膵石症に対しては体外衝撃波(ESWL)による治療を取り入れている.さらにERCPの技術を駆使し,バルーン膵管造影による膵管微細診断,膵液細胞診,膵液テロメラーゼ診断による早期膵癌の早期発見を目指している。

3)胆嚢結石に関しては手術侵襲の少ない腹腔鏡下胆嚢摘出術(ラパコレ)を積極的に導入してきた.総胆管結石に対しては開腹せずに十二指腸内視鏡を用いて乳頭切開術を積極的に行い,良好な成績を得ている.胆石症に開腹手術を行うことはほとんどなくなり,先天性胆道拡張症(総胆管嚢腫)でさえ腹腔鏡下手術の対象とし本邦第一例をはじめとして好結果をおさめている. 肝内結石症では厚生省班会議に属し,より低侵襲の胆道鏡を用いた治療(PTCS)に積極的に取り組んでいる.

 

教室紹介
教授挨拶
スタッフ紹介
教室の歴史と歩み
トピックス

診療案内
外来受診方法(新患)
肝胆膵外科
上部消化管外科
下部消化管外科
呼吸器外科
乳腺外科
内分泌(甲状腺)外科
膵臓・腎臓移植外科
研修・入局案内
中村教授のメッセージ
卒後臨床研修・後期研修(入局)のご案内
質問・見学申し込み
研究
当科で行っている臨床研究
文部科学省特別経費プロジェクト
業績・論文

その他の情報

講演会・セミナー情報


医局員向け情報
研修願
業績申請【学会・座長】
 【論文・総説・著書】
ロゴダウンロード
所属学会・資格申請